人材総合ソリューション LYSITHEA リシテア

>お問い合わせ

HOME > お役立ち情報 > 人事労務管理コラム > 【8-1】ビジネスで成果を上げるマネジメント3つ

人事労務管理コラム

人事戦略

【8-1】ビジネスで成果を上げるマネジメント3つ

ビジネスで成果を上げるマネジメント3つ

一般的には「マネジメント」のことを「管理」という言葉に言い換えます。しかし、「管理」という言葉は、一定の基準などから外れないように全体を統制することを意味し、本来の意味でのマネジメントに対しては、狭い意味での捉え方といえます。
著名な経営学者であるピーター・ドラッガーは、マネジメントを「組織をして成果を上げさせるためのもの」と定義していますが、それは単なる部下管理やトップダウンの指示命令ではなく、組織を機能させることにつながるすべてのものを幅広く指しています。組織として成果を上げるためには、この本来の意味でのマネジメントを実行することが重要です。このページでは、その中でも特に重視するべきポイントを解説します。

成果を上げるマネジメントとは?

マネジメントが「組織としての成果を上げるためのもの」とされるならば、そこで必要なマネジメント力とは、「チームワークを活かして目標を達成するための能力」ということになります。
このとき、マネージャーが個人的な実務能力を高めるということばかりでなく、部下の能力をどのように高め、活かしていくかという点が重要になります。「いかに人を活かすか」という視点がマネージャーには最も重要であり、マネジメントの本質はそこにあります。
つまり、成果を上げるマネジメントとは、「人を活かしてチーム力を最大限に発揮させること」なのです。

ビジネスマネジメントに必要なポイント

マネジメントにはさまざまな能力が必要となりますが、ここでは特に重要な3つの能力をお伝えします。

1.現状把握と分析力
組織マネジメントにおいては、「目標設定」「適正な配置」「目標の進捗管理」「リスク把握と対策」「組織のモチベーション向上」などといった一連の取り組みをおこなっていきます。それらを実行するためには、まず的確な現状把握をおこない、それをさまざまな角度から分析して施策につなげていく力が必要になります。

2.俯瞰する能力
ビジネスに不可欠な3つの視点として、「鳥の目、虫の目、魚の目」と呼ばれる視点があります。「鳥の目」とは俯瞰する全体把握のこと、「虫の目」とは現場で起きている事象の詳細把握のこと、「魚の目」とはトレンドや流れの把握のことをいいます。
これらはすべてが大切な視点ですが、特にマネジメントにおいては、幅広い情報収集とそれに基づく適切な判断が必要です。
特に何か問題が起こったようなときは、ついつい細かなことばかりに目を向けてしまい、全体を見る目が欠けてしまいがち。マネジメントの場面では、常にチーム全体の状況を俯瞰して見ることが大切です。人や周りの環境も含めた全体を見渡す「鳥の目」、すなわち「俯瞰する能力」が重要になります。

3.コミュニケーション力
チームとして成果を出すためには、個人がバラバラにではなく、チームとして仕事をすることが求められます。そうすると当然ながら上司と部下やメンバー同士のコミュニケーションが必要になってきます。コミュニケーションの場においては、マネージャーとしての考えをしっかり伝えることとともに、部下の話をよく聞くことが大切です。チーム内でお互いに何でも話し合える関係が作られていれば、ミスを未然に防いだり、不信や不満があったとしても早めに解消したりすることができます。報連相やミーティング、その他でも話し合うことができる機会を設けるなど、チーム内のコミュニケーションを常に意識しましょう。

ますますスピード感が求められるビジネスマネジメント

昨今ではビジネスのスピードがますます速くなり、適切な施策をこれまで以上にスピーディーに実施することが求められています。作業そのものの早さはもとより、さまざまな判断や決断にもスピードが求められます。そのためには、従来からおこなわれているPDCAのマネジメントサイクルをより早く適切に回していく必要があります。

スピード感を持ってマネジメントをおこなうには、前記の3つの能力のなかでも適切な現状把握と的確な分析をスピーディーにおこなう能力が要求されます。ビジネスを進めていく上で起こるさまざまな事象をスピーディーに把握するには、あいまいな感覚値や経験値だけでは不十分です。計数などをもとに具体的に事象を把握することが必要です。さらに、そこで得た数多くの情報を整理して適切に把握したうえで分析をおこない、それに基づいた施策をよりスピード感を持っておこなうことが求められます。このような計数的な情報把握や、より多くの情報をもとにした分析をスピーディーにおこなうためには、ITシステムやITツールの活用が必須です。マネージャーはこれらのシステムやツールを自ら駆使することが求められ、そのためには相応のITリテラシーが必要になってきます。ITの活用を学ぶことはこれからの時代のマネジメントにおいては必須要件でしょう。
これらのことを満たした上で、すべてのプロセスを適切に回していくために、全体を俯瞰する能力やコミュニケーション力が必要になります。チームをまとめるためには最も重要なことでしょう。

個人の能力に依存せず、チームで着実な成果を上げるには、優れたマネジメントが必要です。ポイントを押さえたマネジメントができれば、組織の成果が大きく変わるということを意識しておきましょう。

関連ソリューション

就業管理

就業管理

業種・規模を選ばず、多様な雇用形態・勤務形態に対応できる。
就業管理システム。
[勤務申請][勤務承認][月次集計][休暇管理][残業管理][WEB打刻][MOBILE]
人財戦略

人財戦略

人財戦略の見える化を実現。
社員のスキルや実績を一元管理し、キャリア形成を支援するシステム。
[スキル管理][スキル診断][目標管理][研修管理][スキル検索][組織診断]


同カテゴリー コラム紹介