人材総合ソリューション LYSITHEA リシテア

>お問い合わせ

HOME > お役立ち情報 > タレントマネジメントの実践ポイント

タレントマネジメントの
実践ポイント

法改正や人事経営課題のトレンドなど、
人事労務に関わる最新テーマを 中心に情報を配信していきます。
人事労務管理や戦略的人財マネジメントのヒントや情報収集に、ぜひご覧ください。

日本企業におけるタレントマネジメントのガイドライン
~事例から見る傾向とタレントマネジメント実践のポイント

調査結果サマリー

日本企業におけるタレントマネジメントの概念と必要な施策とは
タレントマネジメントとは、経営戦略に沿った人財戦略の策定であると言えます。タレントマネジメントに関する先進的な取り組みを実施している企業様にお話を伺い、日本企業に即した施策を明らかにすべく調査を行いました。

アンケート回答者が所属する企業の従業員数・業種

業種 社数
製造業 10社
サービス 5社
商社 2社
流通 1社
IT 1社
金融 1社
建設 1社
合計 21社
日本企業におけるタレントマネジメントのトレンドとは
今回の調査を通して、日本企業のタレントマネジメントには、主に4つのトレンドがあることが分かりました。

  • グローバルでの人財情報の一元化
  • 後継者管理として次期経営者候補人財をプール
  • 適正配置のためのスキル・能力の見える化
  • 目標管理プロセスの情報をマネジメントの改善へ結びつける

主な調査項目

  • 調査の背景と調査概要
  • 日本企業におけるタレントマネジメントの概念
  • 日本企業におけるタレントマネジメントの取り組み
  • 日本企業におけるタレントマネジメントの課題
  • タレントマネジメント導入ガイドライン
  • 人財管理システム発展のモデル

調査概要

本調査では、「タレントマネジメント」、「人財情報データベース」などのキーワードでメディアに取り上げられた企業を 中心に、以下のようなプロフィールの企業に取材を実施しました。
取材にご協力いただきました企業様に改めて深く御礼申し上げます。
調査目的
ヒューマンキャピタル研究会では、主に「人財情報の見える化」=「タレントマネジメント」という概念で語られており、 具体的な取り組みとして、人財情報の見える化のためのデータベースシステム構築が課題となっています。これらの課題に対してヒントを提供するために、以下を具体的な目的として調査・レポート作成に取り組みました。
調査期間
2012年11月~2013年4月
調査対象
●取材対象企業21社
グローバルに事業を展開する製造業、
その他タレントマネジメント、
人財開発に積極的な企業

●取材対象者
企業の人事部門リーダー
企業の人財教育部門リーダー
企業の経営企画部門リーダー
企業の営業や技術部門の人財開発担当
取材方法
対面によるインタビュー形式
調査実施機関
株式会社ナレッジサイン

お役立ち情報コンテンツ

自社でのリシテア活用や、人財活用のための取り組みの経験から様々なお役立ち情報をご提供いたします。